バイオガス発電のトータルプロデュース - (株)アクアス

 バイオガス発電事業をトータルプロデュースする「アクアス」の最終目標は、「バイオガス発電の普及によってエネルギー・ゴミ業界を変えること」、そして「バイオガス発電で地域に新たな価値を創出すること」。正しい運用・メンテナンスを通して事業の収益黒字化を実現しながら、この2つの目標達成に向けて業務に取り組んでまいります。

バイオガス発電とは

 バイオガス発電は乳牛や豚などの糞尿や、食品残渣(ざんさ)などの有機性廃棄物からバイオガスを生成し、バイオガスを燃焼させることによって発生した熱を利用して発電機のタービンを回して発電する方法です。
 有機ゴミが原料となるため、ゴミを減らせてなおかつクリーンにエネルギーを生成できる点が一石二鳥であるといえます。地球温暖化や化石燃料の枯渇などによって再生可能エネルギーの利用に注目が集まっているだけに、太陽光発電、風力発電、波力発電、地熱発電、潮汐発電などと同様に「化石燃料に代わるエネルギーになるのでは?」と期待されています。
バイオガス発電とは

バイオガス発電がもたらすメリット

メリット1:
電力を安定的に得ることができる
原料となる有機ゴミを確保することで、電力を安定的に得ることができます。太陽光発電や風力発電などと異なり、天候や時間に左右されず、24時間365日にわたって稼働させることが可能。任意の時間に電力を取り出せるのもメリットです。
メリット2:
温室効果ガスの排出が少ない
化石燃料を燃やしたときのように大量に温室効果ガスを排出しないので、温暖化対策に効果的です。また、家畜の糞尿は放置すると大量のメタンが発生してしまうため、燃料として活用することでメタン発生の抑制につながります。
メリット3:
発酵槽内に出てきた消化液も液肥として利用できる
発酵槽内に残った消化液は、雑草種子や病原菌が含まれない安全な肥料(液肥)として二次利用可能。有機ゴミを無駄なく活用できます。
メリット4:
ほとんどにおいがない
腐敗することで強烈な異臭を放つ、食品残渣(ざんさ)や食品廃棄物、家畜の糞尿などの有機ゴミ。しかし、嫌気状態で発酵した後のバイオガスや消化液にはほとんどにおいがないので、近隣に迷惑をかけません。
メリット5:コスト削減と収益確保が実現する ゴミの量が減ることで、それまでにかかっていた焼却費用を抑えることが可能。余剰電力の売電や有機肥料の販売により、収益を確保することもできます。また、バイオガス発電を有効利用することで休耕地の活性化も可能です。

「バイオガス発電」と「バイオマス発電」は違います

「バイオガス発電」と「バイオマス発電」の違い
 バイオガス発電はプラント設備の構造がバイオマス発電に比べてシンプルなため、導入にかかるコストを抑えることが可能です。また、シンプルなつくりはメンテナンスのしやすさにもつながることから、清掃・修理にかかる手間や維持コストの削減もできます。
 また、バイオガスの燃焼時には二酸化炭素(CO2)に代表される温室効果ガスがほとんど出ないので、有機ゴミを直接燃やすバイオマス発電よりも環境対策に有効です。

※詳しくは同社のホームページ(http://www.aquas-biogas.jp/)をご覧下さい。

投稿者

シェア: